Art Baselが「今までなかったものを作ると、世界はいつも明るくなる」と題して、若手アーティストGuan Xiaoを紹介。

Art Baselがインスタグラムにて、「今までなかったものを作ると、世界はいつも明るくなる」と題して、アーティストや作品を紹介している。

世界の若手アーティストたちをArt Baselの視点で知れる機会。

日本語訳

「今までなかったものを作ると、世界はいつも明るくなる」

今週のスタートには、

Guan Xiaoのスタジオ(@guanxiaoisme)で撮影されたインプロセスの画像が最適だと思いました。

北京を拠点に活動するこのアーティストは、

現在の世界的な状況の中で、

自分の作品を「唯一の慰めとなるもの」と表現しています。

Xiaoの2020年の彫刻作品

「Mole, Wound, Whistle」は、

@AntennaSpace

バーチャル展示「危機を先延ばしにする」と題した

Art Baselのオンライン・ビューイング・ルームに展示されました。

   

WRITER

    Artist Collective
    QG [Quark Gluon]

    Quark Gluon(QG)は、杉田廣貴を発起人とするアーティスト・コレクティブです。それぞれに異なるテーマ・表現方法を持ち、日頃は個として自律的に活動するアーティストたちがQGに集い、響き合うことで、新たな問いと表現をうみだし、世界に働きかけます。

    ウェブサイト >>