Art Baselが国際バナナデーを記念して、マウリツィオ・カテランの「Comedian」を投稿。日本語訳と現代アート考察

Art Baselインスタアカウントにて、
国際バナナデーを記念して、昨年のマイアミでのアートバーゼルにて話題を呼び、1600万円の値段がついたマウリツィオ・カテランの「コメディアン」の投稿をシェアした。

日本語

ああ、そうだな

昨日の国際バナナデーを記念して…。

アートバーゼル・マイアミビーチ2019で

Perrotin Gallery

が発表したMaurizio Cattelan(マウリツィオ・カテラン)の「Comedian」(2019)に#TBT。

参考URL

Perrotin Gallery
https://www.perrotin.com/videos/screening

マウリツィオ・カテラン
https://www.madeincatteland.com/

本物のバナナにテープを貼っただけの作品に、1600万円

この事件は、2019年にマイアミのアートバーゼルにて起こりました。

この時、世界中で話題になりましたね。

アーティストの中にも、いやそれはないと言ってる人もいましたが、

ここに現代アートの特徴が垣間見えます。

描いたものだけがアートでもなく、概念そのものがアートだという事。

ペロタン・ギャラリーの創設者エマニュエル・ペロタンが、

「購入」はあくまで作品の一部で、

「証明書がなれけばこの作品は物質的な表現にすぎません。

誰かが買ったという事実が作品をつくるのです」と話していました。

また、フェアの最終日前日には、

ニューヨークを拠点に活動するアーティスト
デビッド・ダトゥナ

がバナナを壁から剥がして食べるという大胆な行動をしました。

ダトゥナは事件後、

その行為を「Hungry Artist」というパフォーマンスとして、

インスタグラムに公開。

このインスタグラムのパフォーマンスもまた、

パフォーマンスアートというダトゥナの表現。

しかし、この二つの事件が重なった事で、

シンプルな表現が、複雑な哲学を含むアートワークとなりました。

この行動や作品たちの奥行きを、面白いと受け取り、楽しむことも現代アートの醍醐味でしょう。

   

WRITER

    Artist Collective
    QG [Quark Gluon]

    Quark Gluon(QG)は、杉田廣貴を発起人とするアーティスト・コレクティブです。それぞれに異なるテーマ・表現方法を持ち、日頃は個として自律的に活動するアーティストたちがQGに集い、響き合うことで、新たな問いと表現をうみだし、世界に働きかけます。

    ウェブサイト >>